ただいまー

ほんとは3泊4日の入院予定だったのですが、1日早めにご帰還。
一緒に入院してたワンちゃんがよく吼える子でchamiは怯えきってたらしい(´・ω・`)
不安で鳴きまくってしまったのか、すっかり声が枯れちゃってるし…

夕方に面会だけのつもりで行ったら「もう退院してもいいですよ」と言われたので、
いったん家に戻って諸々準備を整えてから、chamiを連れて帰ってきました。

馴れないエリザベスカラーをあちこちにぶつけまくって不自由そうだけど、
病院に居たときとは打って変わって元気な姿を見せてくれました。
あちこち探検し、棚にも飛び移りまくり(←危ないのでやめてほしい…)、
3日ぶりにトイレも済ませてすっきりしたのか、元気ハツラツ(`・ω・´)

ヒト2人にしばし甘えまくった後、最近の定位置でぐっすりご就寝。

20051029帰宅
カメラ スヤスヤ 眠い(睡眠)


猫によっては、退院後しばらく食欲がなかったり、拗ねたりするらしいけど、
エリザベスカラーとお腹の傷を除けば、いつもと変わらぬ様子で安心しました。

あとは11/4の抜糸まで、傷口をいじることなく、大人しくしててくれれば…
posted by 猫飼いビギナー at 00:00:00, 29 Oct., 2005 | ☔ | Comment(5) | TrackBack(0)
Comments on this post
あら〜去勢手術して来たんですね。
今は?カーラー付けるんですね。
っていうかねーやんの場合は仕方ないのかも、、、
ねーやんは4年前にしているんですが、その時野良にゃんだったので、手術した次の日にお家に
連れて来て、本当は外に返す筈が
そのまま暮らす事にして今に至っているのですが。
だから、抜糸もしてないんですよ。
他に2匹したんですがその子達もしていません。
でも、野生だからでしょうか大丈夫でしたよ。
逞しいですね。野生の子達は、、、
知らない所に居たんで、神経使い疲れたのでしょうね。無事に手術終わってよかったね。
chamiちゃん、仔犬が吠えてて嫌だったね。
お疲れ様、ゆっくり休んでね。

Posted by ねーやんの同居人 at 17:25:26, 30 Oct., 2005
▽ねーやんの同居人さんへ▽
 chamiへの温かい励まし、ありがとうございます。
 ねーやんは野良暦が長かったのですね。
 家猫にするのは大変だったでしょうが、あんな寝顔を見せてくれると、
 「うちの子」になってくれて、うちに連れてきて、よかったと思えそう(´-`)
 抜糸してなくても大丈夫なんですか…逞しいですね、ほんとに。
 chamiにもそんな生命力があるかもしれないけど、こっちの都合で家猫にしてしまったし、
 多少過保護なくらいに、可愛がってあげたいと思います(〃 ̄ー ̄〃;
Posted by 猫飼いビギナー at 18:19:41, 30 Oct., 2005
こんにちは!先日はドーモです。

chamiタンお疲れ様でした。ゆっくり休んでね。
こんな言い方ヘンかもしれませんが飼い主さんもchamiタンも一安心ですね。
にゃんこの発情期はヒトもネコも疲れてしまいますもんね。


ウチのさりどん達が手術を受けたのはざっと20年ほど前ですが、
前日の絶飲絶食のことなど言われなかったですね。
最近あちらこちらで、避妊・去勢手術の様子を耳にしますが
人と一緒じゃん!と、思いました。
ウチの場合は今のようにペットでなく昔ながらの『家畜扱い』だったのでしょう。
しかも、その動物病院は老舗ですし。

ピー班長と出会った病院は新しいのできっと即手術なんてことはないだろうな。
班長もそろそろオカマになってもらわねばと、考え中です。
Posted by こってりん at 22:18:23, 30 Oct., 2005
クオレママの所から来ました。エリザベスカラーが痛々しいですね。我が家では完全室内飼いなので、雄猫のみ去勢手術させましたが、時期が来ると雌でもかなりうるさいです。
Posted by 内部正明 at 12:51:37, 31 Oct., 2005
▽こってりんさんへ▽
 こちらこそ(^_^) いつもお気遣いありがとうございます。
 とにかく、手術が無事に済んで、一安心できました。
 猫の避妊手術も20年の間に大きく変わったのですね。
 うちのかかりつけ医はchamiのメンタルケアも気遣ってくださるし、
 今回の手術に限らず、人間と同じように診ていただいてます。
 そういえば、ピー班長はちょっとおませさんなんでしたっけ(^-^;
 男の子も病院によって手術方法がいろいろ違うようですね。
 一生に一度のことですから、じっくりご検討なさってくださいませ。

▽内部正明さんへ▽
 ご訪問ありがとうございます。いきなり手術ネタで失礼しました。
 避妊・去勢については、いろいろな考え方がありますよね。
 うちも完全室内飼いの予定ですが、脱走してしまったときのことや、
 災害等で避難所生活を送る可能性を考え、手術を決めました。
Posted by 猫飼いビギナー at 00:54:28, 01 Nov., 2005
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。